作成者別アーカイブ: やまね

やまね の紹介

偏った読書遍歴とそのレビュー。 コミックから専門書までなにからなにまで読みます。 書くのも読むのもやめられない。活字中毒をなんとかしてくれ! 乱読&積読仲間募集中!

問おう、なにをもって「萌え絵」というか?:萌えキャラマンガデッサン よくわかるマンガの描き方1:実用書:趣味

私はギャルゲー界にいたせいかその基準は「Tony氏」かと思っていました。 ――がその認識は間違っていたようで、瞳が大きくアキバ風にデフォルメされてデジタル彩色された女の子の絵の総称のようです。(多分) 同人誌として印刷に … 続きを読む

カテゴリー: 実用, 趣味 | コメントをどうぞ

当時17才、鮮烈なデビュー作:夏と花火と私の死体:乙一:ホラー小説

「わたしも健君のこと好きなんだ」 9歳の夏休み、私は殺された。 あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく―― …この「死体」をどこに隠せばいいのか? そして私の死体を隠すため、幼い兄妹が奔走する四日間。 アクシデントに … 続きを読む

カテゴリー: 小説 | コメントをどうぞ

ヘンな顔どんな顔こんな顔:生きもののヘンな顔:専門書写真集:小宮輝之

虫から哺乳類までブサかわ生物をオールカラーでコミカルに紹介する80ページの写真集。 始めに断っておきますが「パンダ」の写真は載ってません。 上野=パンダと連想する方が多いようなので。あとがきにはちょこっと載っていますが。 … 続きを読む

カテゴリー: 写真集, 専門書 | コメントをどうぞ

霞の小太刀を操る名も無き悪漢:血笑鴉 第1巻:横山光輝:少年コミック

醜い姿ゆえに裏街道を歩む「名も無き主人公」。 彼は殺し屋として生き、記憶も失っていた。 その抜群の太刀筋ゆえに生きていくのは困らなかったが、救いのない人生を歩んでいた。 街道筋には鬼が住む 鬼の姿は醜い鴉 血に飢えて舞う … 続きを読む

カテゴリー: コミック, 少年向け | コメントをどうぞ

人面犬じゃないよ!腕に住んでる:平面犬。:乙一:ホラー小説

「わたしは腕に犬を飼っている――」 気まぐれと好奇心から、謎の中国人美女彫師に彫ってもらった犬の刺青。 「ポッキー」と名づけたその刺青がある日突然、肌の上を勝手に動き出し… 【送料無料】平面いぬ。 価格:620円(税込、 … 続きを読む

カテゴリー: ホラー, 小説 | コメントをどうぞ