作成者別アーカイブ: やまね

やまね の紹介

偏った読書遍歴とそのレビュー。 コミックから専門書までなにからなにまで読みます。 書くのも読むのもやめられない。活字中毒をなんとかしてくれ! 乱読&積読仲間募集中!

当時17才、鮮烈なデビュー作:夏と花火と私の死体:乙一:ホラー小説

「わたしも健君のこと好きなんだ」 9歳の夏休み、私は殺された。 あまりに無邪気な殺人者によって、あっけなく―― …この「死体」をどこに隠せばいいのか? そして私の死体を隠すため、幼い兄妹が奔走する四日間。 アクシデントに … 続きを読む

カテゴリー: 小説 | コメントをどうぞ

ヘンな顔どんな顔こんな顔:生きもののヘンな顔:専門書写真集:小宮輝之

虫から哺乳類までブサかわ生物をオールカラーでコミカルに紹介する80ページの写真集。 始めに断っておきますが「パンダ」の写真は載ってません。 上野=パンダと連想する方が多いようなので。あとがきにはちょこっと載っていますが。 … 続きを読む

カテゴリー: 写真集, 専門書 | コメントをどうぞ

霞の小太刀を操る名も無き悪漢:血笑鴉 第1巻:横山光輝:少年コミック

醜い姿ゆえに裏街道を歩む「名も無き主人公」。 彼は殺し屋として生き、記憶も失っていた。 その抜群の太刀筋ゆえに生きていくのは困らなかったが、救いのない人生を歩んでいた。 街道筋には鬼が住む 鬼の姿は醜い鴉 血に飢えて舞う … 続きを読む

カテゴリー: コミック, 少年向け | コメントをどうぞ

人面犬じゃないよ!腕に住んでる:平面犬。:乙一:ホラー小説

「わたしは腕に犬を飼っている――」 気まぐれと好奇心から、謎の中国人美女彫師に彫ってもらった犬の刺青。 「ポッキー」と名づけたその刺青がある日突然、肌の上を勝手に動き出し… 【送料無料】平面いぬ。 価格:620円(税込、 … 続きを読む

カテゴリー: ホラー, 小説 | コメントをどうぞ

その目、誰の目?:ホラー小説:暗黒童話:乙一

事故で記憶と左眼を失ってしまった女子高生の「私」。 臓器移植手術で瞳の提供を受けたのだが、やがてその左眼はさまざまな未知の世界を私に見せるようになる。 それは、私に左眼を臓器提供した人が見た過去の「記憶」だった… 【送料 … 続きを読む

カテゴリー: ホラー, 小説 | コメントをどうぞ