カテゴリー別アーカイブ: 文学

文学:猫町:萩原朔太郎

「猫、猫、猫、猫、猫、猫、猫。どこを見ても猫ばかりだ」 岩波文庫 東京から北越の温泉に出かけた私は、ふとしたことから、「繁華な美しい町」に足を踏みいれる。すると、そこに突如人間の姿をした猫の大集団が…。詩集「青猫」の感覚 … 続きを読む

カテゴリー: 小説, 文学 | コメントをどうぞ

小説:蠅の王:ウイリアム・ゴールディング

新潮文庫。 南太平洋の孤島に、飛行機で不時着した少年たち。だが、その島で獣性にめざめた彼らは無意味な殺りくをくり返す…。人間と社会のあり方を風刺する箱庭の中での恐怖の寓話。 「どっちがいい、法則を守って救助されるのと、狩 … 続きを読む

カテゴリー: 小説, 文学 | コメントをどうぞ