この世の狭間で蠢くもの:恐怖と怪奇・名作集5監視者:ホラー&SF小説

私の悪趣味が知られて恥ずかしいです。確かにこんな本、図書館に置いていない。
そこそこ面白いのでさくっと読めました。字も大きめで読みやすい。

が、いつ買ったのかも覚えてないし、

――「こんな本、家にあったけ?」
でますます怖い。

恐怖と怪奇名作集(5)

恐怖と怪奇名作集(5)
価格:1,365円(税込、送料別)

ティンズリー台所用品会社でハエやカを見かけることは、まずありません。
社長じまんのハエたたきで、一匹のこらず、たたきつぶされてしまうからです。
社長が異常なまでに虫をきらうのは、子どものころに、あの悲惨な事件が起こったからです…。
(この紹介文の「ひらがなの多さ」からして明らかに『子供向け』だよね…ゾク)

人間がどうあがき、どんなにさからっても、のがれることのできないもの

――この宇宙の支配者――「運命」――にスポットをあてた短編集。

■監視者:レイ・ブラッドベリ

スティーブはウィリアム・ティンズリー社長の秘書。
異常なまでに虫を嫌うティンズリーにうんざりしたスティーブは「友人」と、精神医のスーザンを紹介する。
「この地球上の生命の99%は、虫なんだ」。
でも本当に恐ろしいのは虫ではなくて…

■まゆ:ジョン・B・L・グッドウィン

デ二―の父は探検隊で動物の頭部のコレクター。
そしてデニーはその血をうけつぎ、虫のコレクターとなっていた。
父は放任主義で家政婦のエセルにデ二―の世話をまかせきり。
荒んだ部屋を覗くこともしない。
ある日デ二―は素晴らしい毛虫をみつける。
「それ」は蛹となり蛾として孵化して…

■逃亡者と運命:アーヴィン・S・コップ

特急列車から3人の犯罪者が逃げ出す。
ラフィットはギロチンで死刑、ガザは鉄バンドで椅子にくくりつけての絞首刑、ベルディは独房での終身刑が決定しており、それが本人たちには耐えられない苦痛の刑だ。
3人の逃亡者の行く末は?

ブラッドベリに惹かれて購入したんだと思われます。
子供向けの本なのでしょうか?
字が大きく、挿絵が入っていて1時間足らずで読み終わります。
でも内容はけして子供向けではないような――

虫に潜むどろどろとした恐ろしさ。逃亡者たちの皮肉な末路。

このおどろおどろしい装丁に惹かれ、手に取る子どもたち。
きっとゾクゾクしながら読んでくれるはず…そんな一冊です。

あ~怖い怖い… :cry:
「未知」「無常」という名の怖さです。

⇒アーカムの高価買取・ダンボール&送料無料!
⇒大人の贅沢しませんか?マンガ全巻大人買い☆



やまね の紹介

偏った読書遍歴とそのレビュー。 コミックから専門書までなにからなにまで読みます。 書くのも読むのもやめられない。活字中毒をなんとかしてくれ! 乱読&積読仲間募集中!
カテゴリー: SF, ホラー, 小説   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

この記事のトラックバック用URL