その目、誰の目?:ホラー小説:暗黒童話:乙一

事故で記憶と左眼を失ってしまった女子高生の「私」。
臓器移植手術で瞳の提供を受けたのだが、やがてその左眼はさまざまな未知の世界を私に見せるようになる。
それは、私に左眼を臓器提供した人が見た過去の「記憶」だった…

【送料無料】暗黒童話

【送料無料】暗黒童話
価格:620円(税込、送料別)

私はその瞳の記憶だけをたよりに、提供者が生前に住んでいたらしい町を探しまわり、ついにその街を探し当て知らない街に滞在することになった。
悪夢のようなむごたらしい現実が待ちうけていることも知らずに…

文庫化した乙一の長編ホラー小説です。

この「左眼を移植された私の物語」とは別に「アイのメモリー」という童話が伏線として並走してます。
瞳を失った少女のために鴉が眼球を運んでくるお話です。
眼球は失明した少女にその人の生きていた頃の映像を映し出し、少女をほんのわずかな間、暗闇から救います。

この童話を書いた人が犯人なのです!
――と言ってもネタバレにはならないのが乙一のすごいところ。

犯人探しとしてもつじつまがあっていて面白いのです。
が、それを抜きにしても記憶を失くした心細い少女の心理描写がスゴい。

「今の私は過去の『私』とは違うのです。
 いくら努力しても過去の優れた『私』にはなれません。
 みんなの望む『私』にはなれないのです。
 過去の自分ではなくても私は今、ここに存在しています。
 過去の『優等生』だった私じゃなくて今の私を見て!」

という強烈なメッセージがビシバシ伝わってきます。

過去の自分を求める人に、努力が報われない自分に嫌気がさし、「かつての『私』を知っている人たち」から逃れるようにして瞳の持ち主を探しに行く私。
やがて事件は解決し、少女も記憶を取り戻し優れた自分に戻っていきます。

それでも同じ「私」でありながら
「『記憶をなくし苦しんでいた不器用な私』も忘れたくない」
――と願うのです。

「世界の片隅に置きざられた少女の悲しみ」がダイレクトに心に響いて素晴らしい作品です。
小説をトリッキーに描くのも「乙一」の持ち味ですが、「切々と書き連ねる悲哀」もまた、いいんですよね~~

もちろん、純粋に「ホラー」として楽しむのもよいですよ。
友達に貸したら「部屋に置いておくのも怖いから返す!」と突っ返された本でもあります。

⇒アーカムの高価買取・ダンボール&送料無料!
⇒大人の贅沢しませんか?マンガ全巻大人買い☆





やまね の紹介

偏った読書遍歴とそのレビュー。 コミックから専門書までなにからなにまで読みます。 書くのも読むのもやめられない。活字中毒をなんとかしてくれ! 乱読&積読仲間募集中!
カテゴリー: ホラー, 小説   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

この記事のトラックバック用URL