小説:蠅の王:ウイリアム・ゴールディング

新潮文庫。
南太平洋の孤島に、飛行機で不時着した少年たち。だが、その島で獣性にめざめた彼らは無意味な殺りくをくり返す…。人間と社会のあり方を風刺する箱庭の中での恐怖の寓話。

「どっちがいい、法則を守って救助されるのと、狩りをしたり一切を破壊したりするのと」

「蠅の王」とは悪魔ベゼルバブのことです。なにやら胡散臭そうな題目に惹かれて購入すると意外やノーベル文学賞受賞者でした。文学だよ?「ジャック」とありますが「LOST」のジャックではありません。しかし海外ドラマ「LOST」や漫画「ドラゴン・ヘッズ」が近いイメージではあります。

少年たちの乗っていた飛行機が墜落し、孤島に放り出される。負傷者もいないが大人もいない。幸い果物が豊富で食べるものには不自由しない。ラーフは太っちょの眼鏡の少年・ピギーの手を借りながらリーダーとなる。救出を求めるために「のろし」を常にあげるよう指示し、わがままながらも理性的に振舞おうと力を尽くす。
しかし、少年たちには悲壮感がなくのろしの見張りすらせず自堕落にすごし一向に集団として機能しない。ブタを狩ることを得意とするジャックはリーダーのラーフにライバル意識を持ち、反目する。ジャック側は顔に蛮族の化粧をほどこし、次第に獣性に目覚めて行き、ラーフに従う者を奪っていく。まるで「ゲーム」のように。

極限状況の中、本来リーダーであるはずのラーフ。ラーフをサポートするはずのブレイン、ピギーは舐められっぱなし。「肉を喰いたい」「気ままにすごし面倒な事はしたくない」。大人でさえ抑えることのできない欲求には子供である彼らも勝つことはできない。
そのために救助を待つための取り決めはサボられて守られない。飢えることはない、大人はいない。やりたいことをして困ったときだけラーフを頼ればいい。「人」であることをやめた少年たちを待つものは?

少年漂流記のイメージを持ちながらこの作品は健全さを一切持ち合わせていません。飛行機がなぜ墜落したのかも不明。本来ならカリスマを持つリーダ格のラーフが救助されるのを提案し、頭のよいピギーがその参謀役を務め、狩りに優れたジャックが食料を調達する――で、協力しあって過ごせたはず。しかし、そうはならなかった人間の邪悪な側面がこの作品のテーマだと思います。

島には食料が豊富にあり、温暖な島で苦労することなく生きていくことができたのが理性を失う一因だったのかもしれません。まっとうな提案をする、ただ一人物事を秩序だてて思考するピギー。彼はその容姿から嘲笑されていて、ひたすらラーフを頼りにします。
ラーフはピギーの助言で「集会」を開くものの、今一つ皆の心を上手く捕えられず、いらいらしています。
カリスマを持たないジャックはリーダ役をラーフに奪われたことを妬み、狩りと豚肉で皆を魅了します。少年たちは「肉」に惹かれ、獣のように享楽的になり、ついには殺人まで起こります。

文学作品と称されますが、非常に読みやすい作品です。ただ後味のひたすら悪い作品でもあります。救出されたラーフの将来にも希望が見いだせません。ラーフはこれからも「理性的」に生きようとし、そうでない者に阻まれて苦悩しながら生きていくのですから。

⇒アマゾンで売っているDVD・CD・本を買取致します。無料宅配サービス
⇒18歳以上限定のコミック・劇画


やまね の紹介

偏った読書遍歴とそのレビュー。 コミックから専門書までなにからなにまで読みます。 書くのも読むのもやめられない。活字中毒をなんとかしてくれ! 乱読&積読仲間募集中!
カテゴリー: 小説, 文学   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

この記事のトラックバック用URL