コミック:海街diary:吉田秋生

【送料無料】海街diary(4)

【送料無料】海街diary(4)
価格:530円(税込、送料別)

少女漫画月刊誌:月刊フラワーズ不定期連載中

鎌倉で暮らす三姉妹の元に父親の訃報が届く。母との離婚から長年音信不通だった父の葬儀に参列するために訪れた地では見知らぬ女性が「妻」と名乗り、財産を放棄するように三姉妹に告げる。その女性には二人の連れ子がおり、父の実子であるすずという少女と出会う。どうやらすずは父を看取ったらしい。居場所がなさそうなすずに三姉妹が鎌倉に来るようにと勧めるが…

コミック:海街diary:吉田秋生

■長女・幸―――しっかり者の看護婦。気の強さから「シャチ姉」と呼ばれている。
■次女・佳乃――信金に勤めるうわばみ。酒に目がなく、男関係にだらしがない。
■三女・千佳――学生?芸術家?お気楽&マイペースな傍観者。

古家に住む、性格がまるで異なる三姉妹。時に仕切られ、喧嘩し、反目しあいながらも折り合いをつけて暮らしています。そこに異母姉妹・中学生のすずが加わります。それぞれ勝手に生きていますが、お互いを尊重し、最低のルールを守って暮らしている。時にハプニングが生まれ、それを超えるたびに互いの理解を深めていく。

渋い。

その一言に尽きます。昔から熱烈なファン層を持つ漫画家ですが、私は作品によって読んだり読まなかったり。合わない作品も多かったものですから。この作品はわかりやすく、なんたって姉妹の喧嘩が楽しい。年4回ぐらいの連載です。

フラワーズは創刊当初は季刊誌でした。後に隔月となり月刊となりました。そしてまた隔月現在は月刊誌です。フラワーズに掲載される作品は新章作成のために時間を置いたり不定期連載の作品が多いです。雑誌として作家に無理のかからない連載をすること、時には隔月にする。そうした選択で長い間生き残ってきた雑誌ではないかと思います。

「恋愛」だけに特化せず、なにげに古参がちらちら見え隠れするのが嬉しいですね。往年のファンには。

【送料無料】海街diary(3)

【送料無料】海街diary(3)
価格:530円(税込、送料別)

⇒人気コミックを全巻セット
⇒18歳以上限定のコミック・劇画


やまね の紹介

偏った読書遍歴とそのレビュー。 コミックから専門書までなにからなにまで読みます。 書くのも読むのもやめられない。活字中毒をなんとかしてくれ! 乱読&積読仲間募集中!
カテゴリー: コミック, 少女向け   パーマリンク

コミック:海街diary:吉田秋生 への2件のコメント

  1. 芹沢 忍 より:

    この作品、確かに渋いですよね♪ この続きだったと思いますが、シャチ姉の恋愛話がなかなか良かったです。

    『flowers』は作品の質が安定していて良い雑誌だと思いますよ♪ 「7seeds」「坂道のアポロン」「風光る」「町でうわさの天狗の子」は単行本で読んでます♪

    • やまね より:

      「風光る」はせりっちの「ドツボ」ではないかな?と思ってました(笑)
      大人でも楽しめる「レディコミ」じゃない漫画って少ないですよね~
      漫画の読者層も上がってきているので『flowers』長く生き残って欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

この記事のトラックバック用URL