小説?:死ぬかと思った2:林雄二

【送料無料】死ぬかと思った(2)

【送料無料】死ぬかと思った(2)
価格:500円(税込、送料別)

アスペクト発行。
まだまだこんなに死にかけていた…。余計なコトして死にかけた、恥ずかしさのあまりに死にそう。ヒトには言えない、でも言いたい。ちょっと自慢の死にかけ体験。まさか?でも――思いあたる事実の数々を、笑いのスパイスで告白した低レベルな臨死体験集その2。

■ふられ現場に母
バイト先で好きになった子を映画に誘う。バーを出た後、広場のベンチで告白。みごとふられて去ってゆく彼女の背に「好きだー。好きだー」と叫ぶ。パニックに陥ってたし、もしかしたら戻ってきてくれるかも?という一心からだった。しばし呆然と立ち尽くし我に返って顔をあげると――横断歩道に立ちつくした母がいた。


■メリーポピンズ
小雨の中、傘をさしてダム建設現場を視察。台風間近の突風が吹いたと同時に、風の音を掻き消すほどの叫び声が。強風にあおられて見学者の一人がダムの頂上から落下してしまった。唖然としてと欄干から身を乗り出す皆。しかし、彼は傘で風に乗ってゆるやかに下降していった。

「こんな本買うんじゃねぇ!」と自分自身につっこみつつ、アマゾンでの送料合わせでつい買ってしまいます。笑った後、妙に恥ずかしくなります。この後ろめたさはなんなんでしょうかねぇ。他人の不幸を笑っている後味の悪さなんでしょうか。

でも面白いんだからしょうがない。ブッ、と吹き出すので、電車の中では絶対読めない一冊。きっと笑いに悶絶してしまう話がひとつやふたつ必ずあるはず。

――が、お金を出して買う価値はあるのか???(←買った人)

(この本を購入した時はアマゾンの送料は1500円以上が無料でした)

【送料無料】死ぬかと思った(2)

【送料無料】死ぬかと思った(2)
価格:500円(税込、送料別)

⇒アマゾンで売っているDVD・CD・本を買取致します。無料宅配サービス
⇒マンガ無料立ち読み


やまね の紹介

偏った読書遍歴とそのレビュー。 コミックから専門書までなにからなにまで読みます。 書くのも読むのもやめられない。活字中毒をなんとかしてくれ! 乱読&積読仲間募集中!
カテゴリー: ギャグ, 小説   パーマリンク

小説?:死ぬかと思った2:林雄二 への2件のコメント

  1. 黒崎宗一郎 より:

    お久しぶりです♪黒崎でッス♫
    リンクありがとうございました!!それとワードプレスでの作業は悪戦苦闘しながらも順調そうですねww

    しかしその1歩が大事であり、進その1歩が大きな意味を持つ時だってあります!(俺は誰だwww)

    僕もワードプレスの本を読んだりはしているのですが、なかなか本業が忙しく手付かずといったところです(汗)
    使い慣れればDreamWeaver並のデザイン的なサイトを作成できるとのことなので興味はあるのですが・・・
    ある程度使い慣れた時に教えてくださいww

    ではまた遊びにきます♫

  2. やまね より:

    そうそう、ちゃりこん!さんのおかげでやっとリンクページができあがったんですよね~♪
    私の狙いはサイトの分散化なので古い記事を書き直したり、新しい記事を書き足したりして1カテゴリ、1サイトで作り直し最終的に統合することです。
    じゃないと見難くて…3年かけて積み上げた記事がみづらいったら。お掃除じゃなく、こういうところの整理整頓も苦手なのです。

    ワードプレスは使い慣れたらこれがカンタンにできそうなので挑戦しました。PHPとかちょっと敷居が高いですけどね。皆さん使ってるので私も使ってみたいのでした。
    ホームページビルダーに飽きた、というのもあるのですが…

    黒崎さん、洋楽、激しいのお願いしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

この記事のトラックバック用URL