小説:鱗姫:嶽本野ばら

【送料無料】鱗姫

【送料無料】鱗姫
価格:500円(税込、送料別)

お肌の美に徹底的にこだわる楼子。ロリータで高慢なブラコンな少女。自らの秘所に鱗を隠し、悩んでいる。畠山という刑事にストーカーされ、「淫売」と身に覚えのない噂を広められる。憧れの叔母の黎子から龍烏家の秘密を知るが、楼子の思い込みのせいで事体はとんでもない方向に転がっていく…

小学館文庫。

京都の名門、龍烏家の長女・楼子は最愛の兄・淋太郎と共に美しきものだけを愛でて毎日を過ごしていた。美しい楼子には秘めたる悩みがあった。幼少期より陰部から鱗状のものが広がり、全身を蝕んでいく皮膚病。それは龍烏家の女性だけに発症する「鱗病」であることを叔母に教えられる。その病は外部に漏らされることもなく、治療法もない。最後には肉体全ての部分を鱗が覆い尽くし、死に至る。

ただひとつ、発症を劇的に遅らせる方法に気づいてしまった楼子は…。

「脱ぎなさい」
耳元で叔母様がそう囁きました。私はどうしてよいか解らず、只、身体を固くします。
「脱ぎなさい。全部、ここで脱ぎなさい」

――紫外線の滝にうたれているよな夏の期間、日が和をさしていない女の子は馬鹿です。うつけです。磔の上、獄門の刑に処されるべきです。――

――本文抜粋

ちょっとくらっとしてしまいました。こんなにも「マイフェバリット」な小説がこんな所に潜んでいるとは…(〃^_^〃)。で、このような作品が「小学館」から発行されているのもちょっと謎。
耽美で陰秘な世界を好む特殊な「乙女」にお勧めな作品です。人を選びますのでくれぐれもご注意を。こんな「設定」がお好みな方には一気に読めてしまう、ほどよい厚さで読みやすい作品です。

【送料無料...

【送料無料…
価格:500円(税込、送料別)

⇒アマゾンで売っているDVD・CD・本を買取致します。無料宅配サービス
⇒魅惑のラブロマンス100%【ハーレクイン ライブラリ】


やまね の紹介

偏った読書遍歴とそのレビュー。 コミックから専門書までなにからなにまで読みます。 書くのも読むのもやめられない。活字中毒をなんとかしてくれ! 乱読&積読仲間募集中!
カテゴリー: 小説, 恋愛   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

この記事のトラックバック用URL