専門書:良心をもたない人たち―25人に1人という恐怖:マーサ・スタウト

【送料無料】良心をもたない人たち

【送料無料】良心をもたない人たち
価格:1,470円(税込、送料別)

「うそをつき、空涙で同情を引き、追いつめられると逆ギレする…」
草思社

一見、魅力的で惹きつけるが、身近につきあってみると、嘘をついて人を操る、都合が悪いと空涙を流して同情を引き、相手に「自分が悪い」と思わせる。追いつめられると「逆ギレ」して相手を脅しにかかる……そんな人たちがいる。
彼らは自分にしか関心がなく、他者への愛情や責任感によって行動が縛られることがない。つまり「良心」をもたないのだ。出世であれ遊び暮らすことであれ、手段を選ばず自分の欲求をみたそうとするので、周囲の人は手ひどいとばっちりを受ける。だが本人は悪びれず、自分こそが被害者だと言いつのる。
本書は、25人に1人いるという「良心のない人」の事例をタイプ別に紹介し、もし彼らにかかわってしまったらどうればいいのか? 事前に見分ける方法はあるのか? そんな疑問にすべて答えてくれる。

「もしかして、私の努力が足りないのかもしれない」「私が駄目だから上手くいかないんだ」「もっと私がキチンとすれば彼(または彼女)もわかってくれるはず」
もしも貴方を慢性的にそんな思いにさせている人がいれば注意を要する相手です。貴方を否定することで自分を正当化して、貴方が利用されている可能性があります。
そんな時は「直観」を信じ相手から距離を置くこと。
教師や上司だったら「学校を変える」「職場をやめる」。恋人だったら別れる。――でも、相手が配偶者だったり、親だったりしたらどうしたらいいのでしょう。彼らが心を持たないことに気付かず何十年も傷つきながら過ごすことになるのです。




彼らは一見魅力的で一部の人しかその裏側が見えません。しかし、彼らと接しているといつも不自然な違和感があります。耐えず傷つけられ、自分が「ダメ人間」のような気がします。彼らは周りを味方にし、貴方を孤立させます。彼らの価値観に賛同できない自分が間違っている気がします。そして数年どころか何十年たった後、彼らの本性に気が付きます。

けして言ってはいけない一言をいう。――それをいったらオシマイじゃん、の一言です。自分の思うようにならないと「離婚だ!」「家を出ていけ!」と脅します。それでも駄目な場合は強制的に同情を誘うような行動を取ります。大勢のいるまえで泣き出す、あるいは土下座してみたりします。それは彼らのパフォーマンスです。
これを数回やられるとさすがにしらけて冷静になってきます。「正しいのは自分で、ずっと彼に操作されてたんだ」ときづくはず。彼らがいかに冷たい目をしてるかよく観察してください。貴方は彼らにとって「人」ではなく「物」なのです。彼らの「愛」は「支配」です。だって心がないのですから。気づいたら別れましょう。貴方に価値がある限り、相手は追ってきます。なにもかも捨てて逃げてください。そうしないと貴方が破壊されます。

彼の世界の中には彼しかいない

そんな「彼ら」の本です。

ちなみに私の元夫がまさにこのタイプ。努力しても続かないはずです。そして私はよくこの手の人の被害をうけます。お人好しだからなぁ…。人間って自分を基準にして考えるからよもやこのような人がいるとは思えないのです。

「お前が悪いから離婚するしかないんだ」「お前がオレを殴らせてるんだ」と自分を正当化。自分の出たくない飲み会や部下の結婚式には急に都合よく病気になる(ケチなのです)。ガソリンスタンドがバッテリーをひきとってくれないからと駐車場におきざり。人を跳ねて「むこうが飛び出してきた!オレは悪くない!こっちが被害者だ!」とキレる。等々…

それも効果なしと分かると大泣きしてみたり、土下座してみたり――それを40超す大人の男が大衆の面前で堂々とやる。(もちろん涙は出てない。同情をひくための嘘泣きだから)でも大手新聞社の管理職なのです。「特別扶養」をとるために(税金対策のため)娘を扶養にいれ保険証は送ってこない等々、娘を巻き込みケチくさいトラブルが今、まさに続いてる…

即(こそこそと)結婚したらしくてびっくりしたけど、今の奥さん幸せなのかしら?全然変わってないんだけど…。人生のどのタイミングでこのタイプが発生するのかが最大の謎ですね。一生このまんまだと思うけど…

【送料無料】良心をもたない人たち

【送料無料】良心をもたない人たち
価格:1,470円(税込、送料別)

⇒法律に関するトラブル・問題等、お気軽にご相談ください。無料相談有。
⇒スリーピングアロマ・出荷本数一万本突破!!


やまね の紹介

偏った読書遍歴とそのレビュー。 コミックから専門書までなにからなにまで読みます。 書くのも読むのもやめられない。活字中毒をなんとかしてくれ! 乱読&積読仲間募集中!
カテゴリー: 専門書, 心理学   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

この記事のトラックバック用URL