小説:燃えるスカートの少女:エイミー・ベンダー

【送料無料】燃えるスカートの少女

【送料無料】燃えるスカートの少女
価格:580円(税込、送料別)

角川書店
「スノッブな女王様。緑の髪。おれのもの」
R・ブラッドベリ、R・カーヴァーの読者たちは、きっと彼女の虜になる。

戦争で「唇」を失った夫、父が死んだ日に異常性欲に見舞われた図書館司書、せむし男と激しい恋におちた高校生……ファンタジックな物語が、とてつもなく切なく、哀しく、けれど温かく描かれる、全11篇の短篇集。

「思い出す人」「私の名前を呼んで」「溝へのわすれもの」「ボウル」「マジパン」「どうぞおしずかに」「皮なし」「フーガ」「酔っ払いのミミ」「この娘をやっちゃえ」「癒す人」「無くした人」「遺産」「ポーランド語で夢見る」「指輪」「燃えるスカートの少女」訳者あとがき 特別付録(散文詩2編)




高校に通う小鬼がいた。小鬼とばれないように竹馬で誤魔化していた。人魚がいた。長いスカートに尾を入れるブーツ。松葉杖をついて偽装していた。ある日小鬼はジュースにの缶に隠したビールに人魚の髪を浸した。髪には神経が通っていて人魚は酔っ払い…

率直な感想です。

理解不能です。

もうここんとこは「感性」で「好き」「嫌い」が別れるのでこれはどーしようもないこところです。散文的な美しさはあると思うのですが…。きっと原文の方は素晴らしいとかそういうのもあるのでしょうが、私には合いません。「理解不能」でも好きなら何かしら残るのですが…

書評は絶賛しておりますが訳分からないし、共感もしないので読後何も残りませんでした。ブラッドベリは好きです。村上春樹もメジャーになる前は好きでした。でもこの突飛で支離滅裂な少女小説風な短編作品は読んだそばから忘れていきます。

小麦粉の上で、砂糖の上で、図書館で、学校でセックス。卑語のオンパレード。アニメやゲームは規制が厳しいのに文学作品だと許されるのか?高校生なのに?
不思議少女好きな人にはいいかも。私は途中で何度も放棄したくなりました。そもそも3年前にギブアップしていた一冊でした。

【送料無料】燃えるスカートの少女

【送料無料】燃えるスカートの少女
価格:580円(税込、送料別)

⇒大好評につき、買取キット無料キャンペーン!期間延長!!ブックス銀河
⇒魅惑のラブロマンス100%【ハーレクイン ライブラリ】


やまね の紹介

偏った読書遍歴とそのレビュー。 コミックから専門書までなにからなにまで読みます。 書くのも読むのもやめられない。活字中毒をなんとかしてくれ! 乱読&積読仲間募集中!
カテゴリー: 小説, 恋愛   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

この記事のトラックバック用URL