コミック:Jドリーム:塀内 夏子

講談社漫画文庫、全14巻

Jリーグ、浦和レッズの入団テストを受けに1人の小柄ではしこい少年がやってきた。彼の名は赤星鷹、17歳。不合格にもめげず、何度もごねて本橋と対戦した後に、偶然監督の目にとまり二軍への入団を果たしてしまう。
見た目とは裏腹でしたたかな参謀、鷹の入団とともに本橋が引退。体は大きいが、気は小さい貧乏症のFW北村は鷹に「アジアの大砲にしてやるぜ」(攻)と宣言されるがふりまわされっぱなし。
プライド高く努力家でバツイチのGKの富永は帰国子女の新人・上條が現れあせっている。
上條は優れた資質を持ちながら、内気で声をかけもできず浮いている。
富永をフォローするDF嶋は穏やかで常に前向きだが、富永と同様体はもうボロボロ。
サッカーに飢え、どん底を過ごしていたタフで捨て身の太一はブラジルでやっとスカウトされた。
監督に密かに「ラインディフェンスのために使い捨て」宣言された本郷が加わって…。
故障を抱えるベテランと若き新人がJリーグに殴りこみをかける。

コミック:Jドリーム1

↑左、富永:右北村。




作者は1983年、「週刊少年マガジン」にてデビュー。月刊マーガレット等にも投稿しており、少女向けの作品が掲載されました。マラソン漫画の終了後中国の歴史ものを描いていたがぱっとしませんでした。やはりこの人はスポーツが似合います。デビュー当時は真人の名で連載していました。

コミック:Jドリーム2

↑左、本郷&右、潤和:鷹。

スポ根物を面白いとも思わない私ですが、この人の作品だけ(あとサンデーの満田拓也さん)は全読破。サッカーのルールすら知らない自分に一気読みさせてしまう才覚。脱帽です。それだけ人物描写に優れ、エピソードが優れています。
この後、飛翔編、完全燃焼編と続きどんどん絵が綺麗になっていきますが、本編が一番面白かった。スピード感・躍動感に優れ、静と動を見事に描き分ける達者な絵です。緻密で書き込まれた原稿は女性ならではの几帳面さが伺えます。

ちょうどJリーグが開催されたころに連載が始まり、実にタイムリーでした。夢が夢でなくなったそんな勢いがあまってか、連載はエンドレスで続きます。本編14巻、飛翔編10巻、完全燃焼編8巻の大作です。一気に読むとなお面白い。誰にでも自信を持って進められる健全コミックです。

残念ながら予選は通らず、完全燃焼編(ユース編)に持ち越し。この人の描くそばかすのツンデレ俺様野郎が直球ど真ん中の私です。地味ながら穏やかで努力家で打たれ強い嶋も好きでした。
嶋×富永とか、鷹×北村とかいいよね、とか逆カップリングを提案し、顰蹙を買うことしばし。健全なスポ根に無理にBLをおもちこみしなくてもいいけど、そこはやっぱ「腐属性」のお約束、というヤツです。

コミック:Jドリーム3

↑ここまで富永を心配させる嶋。ただ者じゃない。(嶋もさりげなくひでーこといってるし…)

⇒人気コミックを全巻セット
⇒業界最大級の品揃え!全巻セット専門のオンライン書店【百夢(hyakumu)】


やまね の紹介

偏った読書遍歴とそのレビュー。 コミックから専門書までなにからなにまで読みます。 書くのも読むのもやめられない。活字中毒をなんとかしてくれ! 乱読&積読仲間募集中!
カテゴリー: コミック, 少年向け   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

この記事のトラックバック用URL