実用:荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論:荒木飛呂彦

【送料無料】荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論

【送料無料】荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論
価格:798円(税込、送料別)

集英社新書。ホラー映画初心者にほどよい偏向性をもつ一冊。「荒木ワールド 映画編」って思ったよりメジャー(偏向性をもつ個人の感想です)。

荒木さんって仙台市出身だったんですね。JOJO第4部の舞台の杜王町の杜は「杜の都仙台」の杜だったんだ。

ならば

あの時代、あの図書館で、あの書棚を読みふけってた可能性もあるなぁ。ハヤカワ・ミステリが妙に充実していた仙台市のあの図書館。と小中高を仙台市で過ごした私は非常に懐かしく思えました。(年齢も近い!)

JOJO作中で出てくる

「押す」

というフレーズはキングの「ファイアー・スターター」からなのかなーと思ってたけどかなり近いかな、というかそうだろう。
あの公園の奥にある図書館のあのチョイスのせいで「似たような偏向性」ができあがるとすれば面白いなぁ、と懐かしく思いました。

「100」タイトルよりずっと多くの映画が紹介されておりB級も多いです。がメジャーめな作品が多かったのは意外です。JOJO好きなら

「あ~、やっぱり、あの作品の影響か~」

な部分も。

でもJOJO好きではなくて、「ちょっと怖くて面白いのないかな」的な映画を探すのにもよい一冊。B級も多いのでTSUTAYAではレンタルされてない作品も多いかもしれません。――「変態村」とか。

ベスト20はメジャーな作品が揃っています。このへんから初心者は攻めていくとよいかもしれません。

――が、「愛がこわれるとき」もホラーでくくるんかい!と突っ込みたくなるのが一本。ジュリアが聞いたら額に青筋たてそう…。

ゾンビからスプラッタ、実験映画、不条理ものがバランスよく紹介されています。ロメロやキングがお好きな方におすすめな一冊。というか間違いなく好きになるでしょう。

【送料無料】荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論

【送料無料】荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論
価格:798円(税込、送料別)

↓「JOJOの奇妙の冒険」の大人買いはここで!
⇒人気コミックを全巻セット

⇒18歳以上限定のコミック・劇画


やまね の紹介

偏った読書遍歴とそのレビュー。 コミックから専門書までなにからなにまで読みます。 書くのも読むのもやめられない。活字中毒をなんとかしてくれ! 乱読&積読仲間募集中!
カテゴリー: 実用, 趣味   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

この記事のトラックバック用URL