ハッピーうれピー♪:ジョジョの奇妙な名言集・新書版:実用書



↑ここの動画がおもしろいっす。阿部寛の映画が楽しみ♪

朝方Amazonから何かが届き(いろいろ購入しているので自分でも中身がなんだかわからない今日この頃)昼過ぎ荷物を確認したら届いておりました。

ジョジョの奇妙な名言集、新書版バージョン。

ジョジョの奇妙な名言集1
【送料無料】ジョジョの奇妙な名言集Part1~3

続きを読む


カテゴリー: 実用, 趣味, 速報 | コメントをどうぞ

「お母さん 知らない?」:少女奇談まこら(完全版)4:阿部洋一:少年コミック

その娘は端境を歩むもの
その右眼は昼を見る人の眼
その左眼は夜闇を射抜くあやかしの眼
人の世とあやかしの世
その狭間を 黄昏の御世を行く少女…
まぶたに父母を描きながら
あまたの化け物を身に纏って
その名は まこら

幻の迷作「まこら」が復刻&新刊発行!

電撃コミックジャパン(電子コミック月刊誌)連載中
作画:阿部洋一
原作:平野俊貴 植村須美男
アスキー・メディアワークス

【送料無料】完全版 少女奇談まこら(4)

【送料無料】完全版 少女奇談まこら(4)
価格:599円(税込、送料別)

少女まこらは不思議な家に住んでいた。
どれだけ広いかもわからない、どこに何があるのかわからない。歩いていると行きたい部屋につく、そんな家。誰も居ないはずなのにいつの間にか掃除され、食事が出てくる。

――ただ鏡だけがない。
そんなへんてこな家で優しい母と一緒に幸せに暮らしていた。
ある日、左眼が痛み、家の外にも変な気配を感じるようになる。
学校から帰宅すると母は消えていて…

続きを読む


カテゴリー: コミック, 少年向け | コメントをどうぞ

というわけで(読書の成果?)twentytenをカスタマイズしてみました

WordPress半期生の私です。
WordPress&サイト作成関連の本は10冊以上買いました。
PHPやCSSを知らなくてもなんとかなってしまうかも、ということがわかりました。

でも時々ドツボにはまって一ヶ月くらい悩みます。

いろいろ見苦しい所もありますが、しばらくこれで行こうかな~と思います。

目次を作り終えたら「カスタマイズ忘備録サイト」を作らないとなぁ――
なによりも誰よりも「私のため」に。

新しくサイトを作る頃には毎回すっかり忘れてしまってて困ります。

参考サイトが消失してしまうのが何よりも怖い今日この頃でした。



カテゴリー: ワードプレス, 雑記 | コメントをどうぞ

そこそこ知識を持ってる方に:基本からしっかりわかるWordPress 3.xカスタマイズブック: 大藤幹:IT専門書

Twenty Eleven対応版のほうです。(Twenty Ten版もあるので)
マイナビ

巷に溢れているWordPressのカスタマイズブックです。
Amazonでお買い上げすると中味がわからない上にスカが多いので実際に「ビックカメラパソコン館」に出向き吟味した結果、購入。

目次
第1章 カスタマイズの前準備
第2章 テーマの仕組み
第3章 Twenty Elevenの管理画面でのカスタマイズ
第4章 Twenty ElevenのHTMLとCSSを理解する
第5章 Twenty ElevenのCSSでのカスタマイズ
第6章 PHPとWordPressのタグ
第7章 Twenty Elevenのテンプレートを理解する
第8章 Twenty Elevenのテンプレートのカスタマイズ
付録  タグ・フック・関数リファレンス

WordPress 3.2に搭載されたデフォルトテーマ、Twenty Elevenを徹底解説。

スマートフォンやタブレット端末にも対応するデザインを採用しHTML5とCSS3を取り入れたTwenty Elevenをしっかり理解して、旬のデザインを手に入れよう!

――と帯に書かれています。

続きを読む


カテゴリー: IT, 専門書 | 1件のコメント

この世の狭間で蠢くもの:恐怖と怪奇・名作集5監視者:ホラー&SF小説

私の悪趣味が知られて恥ずかしいです。確かにこんな本、図書館に置いていない。
そこそこ面白いのでさくっと読めました。字も大きめで読みやすい。

が、いつ買ったのかも覚えてないし、

――「こんな本、家にあったけ?」
でますます怖い。

恐怖と怪奇名作集(5)

恐怖と怪奇名作集(5)
価格:1,365円(税込、送料別)

ティンズリー台所用品会社でハエやカを見かけることは、まずありません。
社長じまんのハエたたきで、一匹のこらず、たたきつぶされてしまうからです。
社長が異常なまでに虫をきらうのは、子どものころに、あの悲惨な事件が起こったからです…。
(この紹介文の「ひらがなの多さ」からして明らかに『子供向け』だよね…ゾク)

人間がどうあがき、どんなにさからっても、のがれることのできないもの

――この宇宙の支配者――「運命」――にスポットをあてた短編集。

続きを読む


カテゴリー: SF, ホラー, 小説 | コメントをどうぞ